医療について

日本の医療の進化と血液疾患に関して

日本の医療は様々な分野で進化を遂げていますが、それを如実に表しているのが血液疾患の分野ではないでしょうか。
白血病と言えば不治の病の代表でしたが、今はハッキリと治る時代がやって来ています。
悪性リンパ腫や多発性骨髄腫も同様で、治療を終えて社会復帰を果たしている方が大勢います。
抗がん剤の進歩はもちろんですが、移植医療が進んだことが要因ではないでしょうか。
骨髄ドナー登録をする方が増えたことで、移植にチャレンジ出来る患者さんが増えました。
生きるチャンスが与えられることで、患者さんの闘病へのモチベーションを上がっています。
ただ、やはり病気は早期の発見と治療がベストであることは事実です。
年に一度は人間ドックに入ることを推奨しますし、異変を感じたら医師の診察を仰ぐことではないでしょうか。
日本の医療は世界一ですが、その根底にあるのは検査の技術ではないでしょうか。
国民一人一人が健康に気を配れば、医療費用の抑制にも繋がります。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.